当基金について

公益信託商船三井モーリシャス自然環境回復保全・国際協力基金は環境保護活動や地域社会の強化 プロジェクトを支援する慈善活動の一環として株式会社商船三井により設立されました。

当基金は自然環境の回復に関するプロジェクトを助成するとともに、国連の持続可能な開発目標 (SDGs)に沿って、地域社会への支援を行っていきます。

当基金は著名な有識者で構成される委員会によって運営されています。

資金は、株式会社商船三井からの出資を原資とし、他の企業や個人からの寄付も
受け付けています。詳細は寄付のページをご参照ください。

モーリシャス共和国の人々の生活環境の向上と国の持続可能な社会的発展に貢献していきます

運営委員会メンバー

河口 眞理子氏

  • 一橋大学大学院経済学修士課程修了
  • 立教大学 21世紀社会デザイン研究科特任教授、不二製油グループ本社株式会社 CEO補佐、株式会社大和総研特別アドバイザーを兼務
  • 農林水産省 新農林水産省生物多様性戦略検討会委員、一般財団法人日本海事協会環境アドバイザリー会議のアドバイザー、環境省中央環境審議会臨時委員、公益社団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)理事等を務める

足達 英一郎氏

  • 株式会社日本総合研究所 常務理事 未来社会価値研究所長

宮城 豊彦氏

  • 東北大学大学院理学研究科博士課程修了、博士(理学)
  • 東北学院大学教養学部地域構想学科教授退職後、現名誉教授、地域情報カスタマイズユニット 代表、株式会社アドバンテクノロジー 技師長、日特建設株式会社 技術顧問、国立研究開発法人 国立環境研究所 客員研究員、日本マングローブ学会副会長を兼務
  • モーリシャス共和国 国際緊急援助隊三次隊専門家チーム マングローブ生態学担当

山野 博哉氏

  • 東京大学大学院理学系研究科博士課程修了、博士(理学)
  • 国立研究開発法人 国立環境研究所 生物多様性領域 領域長、筑波大学システム情報系 教授(連携大学院)を兼務
  • モーリシャス共和国 国際緊急援助隊二次隊専門家チーム サンゴ礁生態学担当

水田 拓氏

  • 京都大学大学院理学研究科博士課程修了、博士(理学)
  • 公益財団法人 山階鳥類研究所 自然誌・保全研究ディレクター
  • モーリシャス共和国 国際緊急援助隊三次隊専門家チーム 鳥類生態学担当

東条 斉興氏

  • 北海道大学大学院環境科学院博士課程修了、博士(環境科学)
  • 北海道大学 水産科学研究院 国際教育室 助教
  • JICA課題別研修案件、その他複数の国際支援案件を担当

信託管理人

東京エクセル法律事務所
弁護士 下山田 聰明氏

信託受託者

三井住友信託銀行

株式会社商船三井について

株式会社商船三井(商船三井)はモーリシャスにおける環境や地域社会に関するプロジェクトを支援することを表明しています。

商船三井は、船主や関係機関と共に、専門家や団体の協力を得て、モーリシャスの自然環境を修復し、地域社会に貢献してきました。

商船三井グループのビジョンは、従来からの海運事業に加えて、様々な社会インフラ事業を展開し、環境保全をはじめとする進化し続ける社会的ニーズに、革新的な技術とサービスで応えていくことです。

本サイトを快適にご利用いただくためには、最新のブラウザー環境での閲覧を推奨いたします。
デスクトップ:Google Chrome, Microsoft Edge | スマートフォン:Chrome for Android 10.0, Safari for iOS14